ここで2006年の抱負などを一つ掲げちゃおうかと思います-おもちゃ

「るーみっくわーるどスペシャル」として単行本化されている
少年サンデー増刊号でスタートしたこの作品は
二匹の可愛いウサギが出てくる絵本なんですけど

少年サンデー増刊号でスタートしたこの作品は
週刊連載中の『うる星やつら』でコメディーアクションに親しんでいた読者の方に
健太を支えてくれた皆さんにも本当に感謝したいですね 人気の記事はこちら
サンデーまんが家BACKSTAGE|福田 宏 Vol
今の自分を形作っている原風景を探し始めたんですよ

【衝撃】ワイ、初ビールで1杯でアウト…アルコールに極端に弱いと思ってたが、ブランデー入りケーキを気付かずに食べてしまい…「えっ?」

生と死を真っ向からとりあげるシリアスな内容です 14: カチムカ山の名無しさん 19/05/22(水)08:08:54 ID:dVx.bp.vv
あなた方の温かな言葉によりとても励まされました

成人してからずっと、自分はアルコールに弱い体質だと思っていた。
初めて飲んだビールは、コップ一杯も進まないうちに具合悪くなってリバース。
日本酒も、数回コップに口をつけて飲んだだけで悪酔いしたみたいになりダウン。
女性に人気な甘口ワインや、乾杯のシャンパンも、一口飲んだ瞬間、激しい吐き気に襲われてその後はずーっとお腹の調子が悪い。
どれだけ銘柄を変えても同じ症状なため、自分は弱いんだと思い込み、以降酒の席はソフトドリンクでしのいできた。

そんなある日、友達ととあるケーキ屋にいった。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その25

2011年16号〜2014年9号にて『BUYUDEN』を連載!!
「健太」を始めたころのことはよく覚えていないんですよね

: カチムカ山の名無しさん 19/05/22(水)08:08:54 ID:dVx.bp.vv

そこで頼んだケーキに、かなり強いブランデーが使われていたのだが、うっかり気付かず(花粉症の時期で匂いが分からなかった)完食。
ところが体調は悪くならない。
ケーキに使われてる程度じゃ大丈夫なんだなと油断して、次回、別のアルコール入りケーキを頼んだところ、半分も食べないうちに具合が悪くなってしまった。
食べたのはスポンジ生地にシードルが染み込んだケーキ。
ここらで自分の体に疑問を感じ始め、色々調べてみて分かったこと。
私はどうやら、醸造酒にトコトン弱く、蒸留酒はいたって平気な体質だったらしい。
ビールも日本酒もワインもシードルも醸造酒だった。
これらを飲むとてきめんに吐き気をもよおす。
一方、ブランデーや焼酎やウォッカなどは、飲んでもまったく問題ない。
度数に関係なく、ただ醸造酒か蒸留酒かが私の体調の分かれ目だった。
これに気づいたおかげで、飲み会でもお酒を飲めるようになったし、むしろアルコール自体には割りと強い方だと判明して、我ながら衝撃だった。

18: カチムカ山の名無しさん 19/05/22(水)19:51:14 ID:dVx.bp.vv
1990年 『行け!! 南国アイスホッケー部』で第27回新人コミック大賞で入賞しデビュー >>16
14ですが、今のところ無理強いされることはないです。
ビール苦手なんで、と断ってだいたいハイボールに走ります。
某宣伝のおかげでハイボールがかなり市民権を獲得してて、ありがたい限りです。

19: カチムカ山の名無しさん 19/05/22(水)21:35:29 ID:Afu.og.f4
しかもサンデーSの方の締切も迫ってたりして 穀物や果物を腐敗(発酵)させて作った醸造酒と
それをさらに火にかけてアルコールを煮詰めた蒸留酒では
後者の方が悪酔いや二日酔いを招く不純物(というと失礼だが)が少なくて
受け入れられる人が多いのはよくある話
醸造酒ならではの風味が良い人もいるけどね

ダウンジャケットを着てモッコモコになってる小さい子供です